フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

レポートとは一体何か?

レポートとは何か

レポートとは何か?

こんにちは。

 

 

つい先日に、リンクの記事を書いたばかりなのですが、そのフレームワークに沿ってレポートを執筆していたら引用文だらけになってしまい、改めて”レポートって一体なんなん?”という疑問にぶちあたりました。そこで、もう少し”レポート”という概念について理解を深めよう!というのが今回の趣旨。

 

先日投稿した記事はこちら↓↓↓

froy.hatenablog.com

 

引用だらけになってしまうのは論文としてNGか?

今回の目的は、この問いに答えるべく執筆しているため、まずは、結論から述べます。その答えは、もちろんNGです。そうすると、以下に記すような、2つの疑問が浮上してくるわけで、問題はそちらです。

 

①なぜNGなのか?

②「◯◯についてまとめよ」という題目でレポート作成を求められた時、どのように執筆すればいいのか?

 

前述の通り事の発端は、過去記事にあるので、今回は②番の問いを掘り下げる形式で話を進めることにします。

 

 

よって、この記事の読了後あなたは、 

引用を極力減らし、自分の言葉でレポートを書くためにどうすればいいのかが理解できてる”状態になれます。

 

参考文献

 本題に入る前に、宣伝。このエントリーは下記の書籍を参考にしているため興味がある方は一読してください。

 

 

 

 

結論 

では、結論に移ります。

引用を極力減らし、自分の言葉でレポートを書くためにどうすればいいのか?

 

そのためには、抽象化した内容を言語化することだと僕は考えます。具体的には、レポートで取り上げるべきテーマについて、複数の書籍・論文などで書かれている共通部分を抜き出し、そこを文章化するのです。

 

 

例えば、「応用行動分析についてまとめよ」という題目でレポートを課されたとしましょう。そこであなたは、”書籍X”と”書籍Y”のそれぞれに目を通すことにしました。書籍Xには、応用行動分析について”A”と”B”という内容が書かれています。一方で、書籍Yには、"A"と"C"という主張が述べられています。この場合、どちらにも記載のある"A"について書くという判断を下すことができます。

共通部分を自分の言葉で文章化する

共通部分を自分の言葉で文章化する

 

 以上が僕の主張です。

 

 

そして、その手がかりが、先ほどの書籍にあるのですが、以下にその二箇所を引用しておきます。

研究レポートは、”I”や”we”の感想や意見を述べたものではありません。また、読む人の心に訴えて、その人の共感を求めるものでもありません。レポートは、感情ではなく、理性に訴える文章です。個人的な感想や意見ではなく、客観性のある事実や論理によって、事実を明らかにし、あるいは疑問に答えようというのが研究レポートです

(引用:大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方,p13)

 

もう一箇所がこちら。

研究レポートがより説得力を持ち、真実の探求に貢献するためには、Aという内容がAと理解される必要があるのです。

(引用:大学生と大学院生のためのレポート・論文の書き方,p14)

 ここで注目すべきは、”客観性”というキーワードであり、その意味が、”Aという内容がAと理解されること”だと僕は受け取っている。というのも、著者は、”A”という内容の客観性が担保されるためには、人によって認識が異なっていはいけないと言うことも述べている。ということは、逆説、Aという内容に3人が目を通し、1人は「Aだね」と言うが、他の2人は「Cだね」と言う様では客観性が担保されてるとはお世辞にも言えないのです。

 

故に、先ほどの図版で示した、書籍Xにある”B”という内容や、書籍Yにある”C”という内容をレポートに記述してしまうと、”客観性の担保”という観点からは減点になります。なぜなら、それをレポートの題目に含むか否かは人によって解釈が異なるからです。

 

まとめ

以上の様に、レポートを書く際は、客観性を確保せねばならりません。そのためには、複数の判断材料を用意し、その共通点を抜き出して言語化する作業が必要になるでしょう。ちなみに、そのための判断材料は最低でも3つ準備すべきです。先ほどの事例だと、BとCという内容については客観性が全く担保されていないが、仮に3冊目の書籍を読んで、Bという内容は記載があり、Cという内容については触れられていなかっとしたらそれぞれの”客観性の度合い”はどの様に変化するでしょうか?その点を考慮すれば、”良いレポート”を練り上げるための道は照らされている様に思います。

 

 

 

【レポートの書き方】”◯◯についてまとめよ”という題目の内容構成

f:id:fRoy:20190504185556j:plain

文献調査報告型レポートの書き方

お久しぶりです。本エントリーでは、文献調査報告型のレポートの内容構成をテーマとして取り上げています。学部生時代にはレポートの書き方なんぞクソ喰らえな僕でしたが、物には時節ということで、レポートの書き方を勉強することにした。

 

なので、「『◯◯のテーマについてまとめよ』とか言われてもどんな風に書けばいいかわかんねーよ」という悩みを抱えてる人は、この記事を読むことで、文献調査報告型のレポートを書くための内容構成を理解することができます。

 

文献調査報告型のレポートとは?

まずはじめに、この記事を読み進めるにあたって、文献調査報告型レポートとは何か?という疑問を明らかにしておかねばらない。

 

大学の教養課程で書かされるタイプのレポートでは、この調査報告型が最も多い。これは要するに、何かの事項を文献的に調べてまとめるタイプである。

(引用:最新版 大学生のためのレポート・論文術,p122)

 

 

 と、上記のように書かれている。

 

つまり、

 

精神分析についてレポート用紙まとめよ」

「代表的な心理検査についてまとめよ」

 

のようなレポートはこの”文献調査報告型”のレポートに属すると考えられる。

 

 

全体的な位置付け

ということで、文献調査報告型はレポートという”概念”の一つの種別にあたるわけだが、その位置付けを下の図で確認して欲しい。

f:id:fRoy:20190505110450p:plain

色付けしてわかりやすくしたが、レポートという概念は、報告型と論証型の2つのカテゴリーに分類される。そして、文献調査報告型は、報告型の下位分類である4つの中の1つとして位置付けられるレポートだと言える。

 

どのような構成にすべきか

さて、これで”文献調査報告型レポート”を書き始めるにあたり、最低限の概要は掴めたのではないかと思うが、肝心なのは、どのような内容を盛り込むのかという点だ。

 

それについては、先ほどの書籍にて次のように述べられていたのでその箇所を引用しておこう。

 

<文献調査報告型の項目>

1. 調査テーマの概要 

①テーマの概要 ②テーマの歴史・語源 ③テーマの基本概念

 

2. テーマの構造説明 

①テーマの構造 ②テーマの構成要素説明 ③主要議論紹介

 

3. 調査テーマの考察 

①主要議論の分析評価 ②テーマに対する自分の考え

 

4. 調査文献一覧

(引用:最新版 大学生のためのレポート・論文術,p123)

 

 

という訳で、この形式沿って”代表的な心理検査”を1つまとめてみるが、SEOの都合上、徐々に更新するので悪しからず。

 

 

 

【受験結果】臨床心理士・第1種指定大学院 

f:id:fRoy:20181227215505j:plain


 

ご無沙汰しております。

 

 このブログをどれだけの方がご覧になっているのか定かではありませんが、9月以降の進捗報告ができずすみませんでした。

 

 ブログを更新してる精神的な余裕がなかったのですが、大学院受験を志してから今月でちょうど1年になるため、総括として結果報告をさせて頂きます。

 

 

結果報告

 9月の頭にあったBK大学院の第1期の受験結は別記事で報告済みですが、その後に、TF大学院を受験し、11月に書類審査、12月に筆記・面接試験がありました。

 

結果は

合格

でした。辛うじてですが。

 

 然るべき勉強法と大学院選びをしていたら夏ごろには進路が決定していたと思うのですが、勉強から大学院選び、研究室訪問や面接対策に到るまで全て自前であったため1年も時間を費やすことになってしまいました。

 

  ただ、その様な環境下でも成果を出せたことは自信になりましたし、これから大学院を目指す方にも、何かしら役に立つ情報を残すことができたのではないかと思います。

 

というわけで、

大学院受験編はひとまずこの記事を終着とし、今後は臨床心理士資格試験のための情報を発信していきたいと思います。

 

それでは、良いお年をお迎えください。

 

P.S

TF大学院の筆記・面接振り返りをブログ投稿するつもりはないのですが、要望があれば公開しますのでコメントなり連絡いただければ幸いです。

 

【対策・臨床心理学的地域援助】東京福祉大学大学院

f:id:fRoy:20181005094922j:plain

 

 

 

 東京福祉大学の試験対策に500字前後で文章をまとめてます

 

 

 

 

スクールカウンセラーが行う、教師への支援について、留意点を交えながら説明せよ(497)

 

 スクールカウンセラーの主要な業務は、臨床心理学的地域援助の実践である。たとえば、ある学級でいじめがあり、児童が不登校になってしまったとする。このような事例では個人対象の心理療法は効果的ではないので、SCは校長や教師などと連携し、コミュニティアプローチの支援を行う。その際、児童や学級への関与が最も強いのは学級担任なので、SCは学級担任をコンサルティとして、コンサルテーションを実施することが考えられる。

 

 ただし、学校臨床において、スクールカウンセラーと教師の関係は上下関係ではなく、学校運営に別の立場で関わる対等の関係である。そのため、教師への支援は信頼関係に基づく異業種との協働の一環として行われるべきである。SCは自分一人で問題を解決しようとするのではなく、コミュニティとしての活動を意識して、教育の専門家である教師の専門性を尊重し、連携を深めなければならない。

 

 同時に、学級担任は、その問題に疲弊したり、自己効力感を失ってる可能性もあるため、エンパワメントを実施することもありうる。いずれの場合も、不登校児童の復帰を目標としつつ、教師への心理学的支援を行うという間接的な援助となる。 

 

 

 

コミュニティアプローチと他のアプローチを対比させ、その意義と留意点を述べよ(523)

 

 コミュニティアプローチとは、臨床心理士の専門業務の1つである、臨床心理学的地域援助がこれに該当する。そして、コミュニティ・アプローチの実践は、従来型の臨床心理学的支援とは、様々な点で異なる。

 

 まず、支援の対象は、不適応状態にある個人ではなく、個人を取り巻くコミュニティである。また、心理療法のような、支援活動を臨床心理士一人で行うのではなく、コミュニティ成員との協働を想定する。そのような支援は、臨床心理士だけのものではなく、他領域の専門家や生活者のもつ能力・技能を活かすものとなる。そういった中で、臨床心理士の役割は心理療法のような直接的支援ではなく、活動を行う人々へのコンサルテーション、あるいは、活動を担う人々の連携(リエゾン)の構築など、間接的な関与も多くなる。

 

 コミュニティアプローチの目標は、病的な個人の治療ではなく、不適応状態の予防である。予防には、不適応に陥らないようにする1次予防、不適応の初期にある人々の重症化を防ぐ2次予防、不適応状態からの社会復帰を支援して再発を防ぐ3次予防の3種類がある。

 

 それらを実現するために、人間の不適応的な側面ではなく、個人の社会環境における自己効力感をエンパワメントすることが求められる。

 

 

地域援助で主要な位置をしめる”危機介入”について、その特徴と意義を述べよ。(510)

 

 

 危機とは、個人の経験する急激な状況変化や転機であり、発達において生じる発達的危機と、環境の激変によって生じる状況的危機の2種類に分けられる。これらの危機を経験した時、個人が習慣的に用いてきた対処法では解決せず、急速に恒常性を失い、強い苦痛や機能不全に陥ることを危機状況と呼ぶ。

 

 コミュニティ心理学では、危機状態を病気の様なネガティブな状態ではなく、成長を促進する転機として捉える。そのため、危機介入は個人の有能感を高める活動とされる。一方、危機介入が遅れるとPTSDなどの病的状態に陥る可能性もあるため、支援は即時的に開始しなければならない。

 

 実際の支援は危機アセスメントとラポールの形成から始まる。クライエントの安心感を確保し、介入計画を立てた上で、本人による問題の把握とそれに対する取り組みを支援する。この時に、クライエントは従来と異なる方略での問題解決を目指すので、知識や技術のサポートが必要となり、その支援はコミュニティの人的資源によって行われることを前提とする。

 

 これらの支援により、クライエントが危機を乗り越えられれば、本人の対処能力や有能感が高まり社会的に成長する。それが危機介入の目標である意義である。

 

 

 

スクールカウンセラーの担うべき仕事の内容、有効性、留意点について述べよ(497)

 

文部科学省スクールカウンセラー(以下SC)活用事業では、SCに対し、児童生徒の心理ケアの他、コミュニティアプローチを求めている。

 

 例えば、クラス内のいじめについて生徒から相談を受けた時、SCはその生徒のカウンセリングを担当し、心理的なケアを行う。ただ、いじめなどは学校組織の問題なので、個人対象の支援ではなく、コミュニティ・アプローチが有効である。SCは学校組織の問題に手出しできないため、校長や教員と連携し、情報交換をしたり、学級担任へのコンサルテーションをしたりすることで、学級内における問題の早期の終息を目指すことが必要だろう。

 

 また、バーンアウトなど、教職員の心理的問題に関する相談を求められることもある。この場合も、その教職員にはカウンセリングを通じたエンパワメントを行うが、それだけでは問題が解決しない可能性が高い。そのため、校長や他の教員との連携をはかり、コミュニティの改善を目指すのが有効だろう。

 

 ただし、SCは、学校組織外の専門家という立場であるため、学校と十分な信頼関係を作っておかないと連携が成立しない。そのため、教員との関係構築などを日常的に心がけることが重要である。

【対策・統計法編】文教大学大学院

f:id:fRoy:20180921223826j:plain

統計法

文教大学大学院の試験対策のため、150文字前後で統計法の用語をまとめてます。

 

 

 

実験法(162)

 実験法とは、独立変数のみ異なり、他は全て統制された2群を用意し、従属変数の比較を行う手法。実験法によるデータ収集は、因果関係を明らかにできるという利点があるが、実験という特殊な環境で起こったことが現実場面でも必ず起こるとは言い切れない。そのため、実験法から得られた知見については、現実場面に、適用できないという批判がある。

 

独立変数(146)

独立変数とは、実験法において、研究者が実験で操作する変数のことを指す。例えば、ある心理療法の効果を検証するるために、A群には心理療法Xを、B群には心理療法Yを割り当てた場合、どちらの群にどちらの心理療法を行うかは研究者が”操作”できるため、この場合、”心理療法”が独立変数に相当すると言える。

 

従属変数(148)

従属変数とは、実験法において測定される変数ことで、研究者が操作できないものを指す。例えば、ある心理療法の効果を検証するるために、A群には心理療法Xを、B群には心理療法Yを割り当てて、心理療法の効果を測定した場合、”心理療法の効果”が従属変数に相当する。なぜなら、心理療法の効果は研究者が操作できない。



交絡(187)

交絡とは、従属変数の変化に対して、独立変数以外の変数が影響を与えることを言う。例えば、ある授業法の効果を検証するために、A群には授業法Xを、B群には授業療法Yを割り当てたとする。しかし、A群が高いテスト得点を示しても、A群の方にもともと優秀な生徒が固まっていたとしたら、テスト結果(従属変数)が高かった原因に、生徒の素質が(剰余変数)影響を与えているかもしれない。

 

統制(168)

統制とは、剰余変数が従属変数に影響を与えないようにするために偏りのない状態にすること。例えば、ある授業法の効果を検証するために、A群には授業法Xを、B群には授業療法Yを割り当てたとする。この際に、A群とB群とで”学力”(剰余変数)に差があると、テストの結果(従属変数)に影響を与えるため、偏差値の平均が同じになるような統制が必要となる。



内的妥当性(175)

内的妥当性とは、独立変数と従属変数の因果関係の適切さのことを言い、剰余変数の十分な統制によって、交絡を防ぐことで確保される。例えば、ある授業法の効果を、生徒のほぼ全員が偏差値50である高校で検証するとする。仮に、テスト結果を左右する要因が生徒の”学力”と”授業法”のみであるとしたら、剰余変数である学力は統制されているため、内的妥当性は高いと言える。

 

 

 推測統計法(147)

推測統計法とは、標本を用いて母集団を推測する手法。対象集団を直接調べることが難しい場合、一部のデータを取り出して、そこから対象集団全体を推測する。この方法により、到底調べられないような、大集団についても調査することが可能となる。ただし、母集団を適切に推測するためには、無作為抽出が不可欠である。

 

無作為抽出(152)

無作為抽出とは、母集団の特徴を偏りなく持つように標本抽出することを指す。無作為抽出は、推測統計法で母集団を適切に推測するために用いる。そのため、無作為抽出が実現されなければ、母集団の推測が適切でなくなってしまう。しかし、完全なる無作為抽出の実現は困難とされるため、標本を大きくするなどの工夫が重要である。



外的妥当性(160)

結果を一般化する適切さのこと。外的妥当性は、適切な母集団の選定、無作為抽出、十分な標本の大きさによって確保される。そのため、特定の集団だけでなく、様々な対象に結果を当てはめることができる場合、外的妥当性が高いと言う。逆に、特定の集団のみに当てはまり、他の対象に結果を当てはめることができない場合、外的妥当性が低いと言う。




標準誤差(145)

標準誤差とは、標本が母集団の大きさと異なることから生じる誤差を数値化したもの。標準誤差は、標本が小さいほど大きくなり、標本が大きいほど小さくなるといった特徴がある。つまり、標準誤差が小さければ、精度の高い母集団の推測が可能となる。そのため、十分な標本の大きさは、外的妥当性の確保にも繋がる。


統計的仮説検定(170)

統計的仮説検定とは、標本で起こった状況が偶然か、偶然でないかに注目して、母集団でも起こりうるかを検定すること。まず、ある事柄は偶然であるとする帰無仮説と、ある事柄は偶然ではないとする対立仮説を設定する。その後、対象の事柄が起こる確率を求め、有意水準以下であれば、帰無仮説は棄却される。その結果、対立仮説が採択され、偶然ではないと判断される。



帰無仮説(148)

統計的仮説検定において、棄却されることを目的に作られる仮説のこと。帰無仮説は、Aという事象は偶然である、AとBに差はない、という様な形式で設定される。帰無仮説の条件下で、p値有意水準以下であれば、帰無仮説は棄却され、対立仮説が採択される。その結果、対象となる事象は偶然ではないと結論づけられる。

 

対立仮説(141)

統計的仮説検定において、帰無仮説が棄却された時に採択される仮説のこと。対立仮説は、Aという事象は偶然ではない、AとBに差はあるという様な形式で設定される。帰無仮説の条件下で、p値有意水準以下であれば、帰無仮説は棄却され、対象となる事象が起こる確率は、偶然ではないと結論づけられる。




有意水準(151)

統計的仮説検定において、帰無仮説を棄却するかを判断する基準となる確率値のこと。多くの場合、1%か5%に設定され、p値が有意水準以下であれば、帰無仮説は棄却される。一方で、p値が有意水準を超えている場合、帰無仮説は棄却できず、明確な結論を述べることはできない。有意水準は、第1種の過誤を犯す確率に等しい。




第1種の過誤(118)

統計的仮説検定において、真である帰無仮説を棄却することにより生じる誤りのことをいう。第1種の誤りを犯す確率は、有意水準に等しい。そのため、有意水準が高いほど代位一種の過誤を犯す確率は高くなるが、低いほど第1種の過誤を犯す確率は下がる。



第2種の過誤(128)

統計的仮説検定において、偽である帰無仮説を棄却しないことにより生じる誤りのことをいう。第2種の過誤を犯す確率は、1-有意水準である。そのため、有意水準が低くなるほど、第2種の過誤を犯す確率は高くなり、逆に有意水準が高いほど第2種の過誤を犯す確率は低くなる。



片側検定(152)

対立仮説の設け方には、”A君とB君の身長に差がある”という場合と、”A君はB君よりも身長が高い”という場合がある。後者の様に、A君の身長がB君より低い可能性を排除した対立仮説を設けて検定することを片側検定と呼ぶ。片側検定は、両側検定よりも差を検出しやすいが、片側検定を行う根拠がなければならないとされる。



両側検定(138)

対立仮説の設け方には、”A君とB君の身長に差がある”という場合と、”A君はB君よりも身長が高い”という場合がある。前者の様に、A君の身長がB君より高い場合と低い場合の両方の可能性を含めて対立仮説を設けて検定することを両側検定と呼ぶ。心理学では一般的に、この両側検定が用いられる。

 

 

t検定(163)

t検定とは、2群の平均値の差が、誤差か有意差か判定する統計的仮説検定のことで、無作為抽出、母集団の正規性、母分散の等質性といった3つの仮定が必要とされる。2群の平均値の差が誤差であるという帰無仮説を立て、それを棄却することで、有意差を示す。また、t検定には対応のある検定と対応のないt検定の2種類があり、使い分けも必要である。

 

分散分析(149)

分散分析とは、3群以上の平均値の差を検定する統計的仮説検定のこと。無作為抽出、母集団の正規性、母分散の等質性といった3つの仮定が必要とされる。t検定と異なり、帰無仮説が棄却された段階では、有意差の数と場所が特定されてないため、事後検定として、多重比較を必要とする。主に用いられるのは、テューキー法。

 

要因計画(152)

要因計画とは、2つ以上の要因を組み合わせた研究計画のことをいう。要因計画内では、独立変数のことを要因と呼び、要因の違いのことを水準と呼ぶ。また、要因は、水準間で被験者が異なる被験者間要因と、要因内の全ての水準が同じ被験者である被験者内要因に分けることができ、それらを組み合わせた要因計画を混合計画と呼ぶ。

 

交互作用(163)

要因計画において、ある要因の効果がもう片方の要因によって異なるという結果が現れ他場合、それを交互作用と表現する。これは、1つの要因が、もう片方の要因の影響とは関係なく、単独で効果をもたらす主効果と区別される。要因計画を実施する場合、主効果だけでは2つの要因を組み合わせてる意味がないため、交互作用を目指して仮説を立て検証する。

 

主成分析(150)

主成分分析とは、複数の変数を1つの主成分に合成することを目的とする分析。複数の因子を想定する因子分析とは、1つの主成分への合成を目指す点で異なる。例えば、5科目の得点があった場合に、そのまま合計特典を求めたのでは、平均値や分散が異なるため、各教科の得点に重み付けを与えて式を算出し、合成得点を求める。

 

直交回転(114)

直交回転とは、因子軸の回転手法の1つで、分析後の因子を解釈しやすい構造に近づけるために軸を回転させること。代表的例に、バリマックス法がある。これは、因子間の相関が想定されない場合に用いられ、その特徴は、回転後も軸が90度なこと。

 

斜交回転(116)

斜交回転とは、因子軸の回転手法の1つで、分析後の因子を解釈しやすい構造に近づけるために軸を回転させること。代表的例に、プロマックス法がある。これは、因子間の相関が想定される場合に用いられ、その特徴は、回転後も軸が90度ではないこと。

 

重回帰分析(158)

重回帰分析とは、複数の独立変数から1つの従属変数を予測するための、重回帰式の作成を目的とした分析である。重回帰分析によって算出された標準偏回帰係数を用いて、各独立変数の、従属変数への影響力を比較することが可能である。ただし、多重共線性の問題から、独立変数間の相関が強くならないよう、独立変数を選定することが望ましい。

 

メタ分析(153)

統計的処理が行われた研究論文を収集し、それらの結果を統合して分析することで、より制度の高い結論を導く手法。例えば、ある心理療法の効果を検証したこれまでの先行研究のメタ分析を行うと、その心理療法の効果をより高い見地から判断することができる。メタ分析では、治療や介入の効果を判断する基準として効果量を測定する。