フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

発達障害とは何か?

 

発達障害とは何か

 

発達障害とは何か?というテーマで、僕の知識と理解をまとめてみた。実際に僕がその症状を有している人と接した経験はないので、あくまで学術的な知識と理解を深めるために残しておく。

 

 

定義と下位概念

発達障害”とは、幼児期から主に、認知や行動面で発達遅れが見られることを示す。”発達障害”は総称的な言葉であり、大まかに下記の3つに区分される。

①知的障害

自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害

③特異的達障害(LD/ADHD

 

知的障害とは?

知的障害とは、知的機能および、適応行動の双方の明らかな制約によって特徴付けられる能力障害をいう。18歳までに、生じると定義されており、現在は、知能検査の結果(知能指数=IQ)を持って”知能”の指標とし、これが70未満の場合に知的障害と判定するのが一般的。

 

自閉症スペクトラム障害とは?

自閉症スペクトラムとは、別名、”広範性発達障害”とも呼ばれ、複数の状況でコミュニケーションや対人的相互反応における持続的な欠陥を特徴とする障害。この言葉も概念的であり、細かく分類すると下記の4つに区分される。

 

①自閉性障害(自閉症

→下記の3つの行動特徴が3歳ごろまでに顕著にあらわれ、知的障害を伴うことが多い。伴わない場合は、高次脳機能障害と区別される。

 

アスペルガー障害

→コミュニケーションの障害が少なく、知的障害や言語障害を伴わない。

 

③レット障害

→女児のみに発症する。4歳ごろに頭部の成長が減速し、重度の精神遅滞自閉症傾向をもつ。

 

④小児期崩壊性障害

→3歳以降に正常発達が停止し退行する。

 

共通する3つの行動特徴

 

そして、これらの障害には、下記の通り3つの行動特徴がある。

①社会的相互作用の障害→他者と目を合わせることができない

②コミュニケーションの障害→会話継続の困難

③想像力の障害→習慣行動への異常なこだわりがある

 

特異的発達障害(LD/ADHD

最後に、特異性発達障害について。

”特異的発達障害”とは、全般的な機能や能力は年齢相応であるが、特定の機能や能力に困難を示す障害のことをいう。具体的な症状としては、LD(Learning Disorder)とADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)がある。

 

Learning Disorder(学習障害)

LDとは、学習障害のことを示す。学習障害とは、ある特定の学習能力に著しい困難を示す障害。例えば、読むことに問題はないが、書くことが満足にできなかったり、その逆に、書くことは問題ないが、読むことに問題があるケースなどがあげられる。

 

Attention Deficit Hyperactivity Disorder(注意欠陥多動障害)

 

ADHD注意欠陥多動性障害の略称。この症状は、不注意、多動、衝動性が他の児童に比べ、著しくあらわれるのが特徴

 

原因

これら”発達障害”の原因は、脳の機能障害と言われている。過去には、親の養育態度が原因であると言われていた時代もあるようだが、それは無関係であるいうことが現在では知られている。

 

介入・援助

知的障害に対するケアは、育児支援やレスパイトにより家族の助けが重要。また、知的障害では、劣等感を感じることも多いため、本人がそれに対処しきれない時は薬物治療の必要もある。

 

自閉症スペクトラムにおいては、療養が基本。自閉症児が生活しやすい環境を整えるとともに、適応能力を高めることで、困難を軽減する。心理療法は行動療法的アプローチが基本となるが、行動特性からいじめの対象にもされやすいため、気分障害や不安障害などの二次的な問題にも注意する。また、TEACCHという個別支援プログラムでは、言語ではなく、絵を使い理解を促進する工夫があり、自閉症児の支援に一役買っている。

 

特異性発達障害(LD/ADHD)では、薬物療法と行動療法が有効である。また、LDとADHDも、日常生活で失敗が多く、劣等感を抱きやすいので注意が必要。故に、親への心理教育や、コンサルテーション、特別支援教室などを積極的に行うことが望ましいとされる。