フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

闘争か逃走反応(fight or flight response)

f:id:fRoy:20180517182903j:plain

 

闘争と逃走反応についてまとめました。

 

 

 

 

定義

闘争と逃走反応とは、交感神経が優位な状態のことをさす。危機が迫った際に、闘うことも逃げることも可能とするため、交感神経系が働いて心身を活動的な状態に変化させる。

 

自律神経系

交感神経とは、自律神経系のことであるが、自律神経系とは、身体の内臓や内分泌の働きを調整する神経のことを言う。ホメオスタシスに関連しており、交感神経と副交換神経に分類される。

 

交感神経と副交感神経の機能

交感神経と副交感神経の機能は表の通り。

 

 

 

 交感神経

副交感神経

目的

身体の活性化

闘争か逃走反応

リラックス

循環器の機能

↑(向上)

↓(低下)

消化器の機能

↓(低下)

↑(向上)

身体反応

心拍↑、血圧↑

呼吸↑、食欲↓

心拍↓、血圧↓

呼吸↓、食欲↑

 

 

自律神経系と心的異常の関連

この交感神経系と副交感神経系のバランスが崩れると様々な心的異常が起こる。

 

不安障害

例えば、不安障害がある。不安障害とは、危機的でない状態であっても闘争か逃走反応がおこり、呼吸の乱れや心拍数の増加、心身の緊張・不安が生じる。

 

自律訓練法

現代人は、交感神経系が優位になりがちであるため、自律神経系のバランスを取るために、シュルツ(J.H.Schultz)自律訓練法を考案した。自律訓練法とは、自律神経を適切にコントロールするリラクゼーション技法のことで、心身症神経症、ストレス緩和などに効果がある。具体的な方法については、6つの公式が参考になる。

 

 

関連ブログ、社会と人にかかわるヒントでは、人間関係、コミュニケーション、社交術のtipsを発信してます。