フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

試行錯誤と洞察(trial and error learning/insight)

f:id:fRoy:20180518172746j:plain

 

試行錯誤と洞察についてのまとめ記事です。

 

試行錯誤とは

試行錯誤とはソーンダイク(E.Thorndike)により提唱された概念。様々な試行を行うことで、偶然の解決に至る過程のこと

 

例えば、猫やネズミの迷路実験などがある。行動することで行き止まり(失敗)を学習し、ゴール(成功)に到達することがまさに試行錯誤である。

 

 

効果の法則

ソーンダイクが唱えた、試行錯誤の関連用語。

効果の法則とは、問題解決に役立つ反応を行うと、その反応を引き出した刺激とその反応との間の連合が強められる現象。

 

練習の法則 

ある事態で同じ反応が何度も行われると、その反応は同じ事態に遭遇した時に行われやすくなる現象のこと。

 

 

 洞察とは

洞察とは、ケーラー(Kohler)が提唱した概念。問題を構成する要素間の関係と構造を全体として理解することで解決に至る過程。洞察と試行錯誤の最大の違いは、時間短縮にある。

 

洞察の例には、チンパンジーのバナナとりや、数学者ガウスのひし形面積、左右対称の計算などがある。

 

 

 

 

関連ブログの社会と人にかかわるヒントでは、人間関係、コミュニケーション、社交術のtipsを発信してます。