フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

認知症(神経認知障害群)

f:id:fRoy:20180526202523j:plain


 

認知症(神経認知障害群)についてのまとめ記事です。

 

 

認知症とは

認知症とは、一度成熟した知的機能が、脳の障害によって広汎に継続的に低下する状態をさす。認知症は、病名ではなく、診断が決まらず、原因もはっきりしていない症候群を意味する。

 

特に頻度が高い認知症アルツハイマー病。

 

認知症の原因

認知症には様々な種類があり、原因も異なるが、多くの場合、異常な蛋白質の産生や蓄積により脳細胞が死滅し、障害が起きることに起因している。

 

認知症の種類

認知症にはいくつか種類があるが、多くは、以下の通り。

アルツハイマー認知症(60%)

・脳血管性認知症(20%)

レビー小体型認知症(10%)

・その他(10%)

 

脳への影響と主な症状

 

類型ごとの脳への影響と、症状は下記の通り。

 

 

アルツハイマー

 (60%)

 脳血管性型

 (20%)

 レビー小体型

 (10%)

脳への影響

海馬を中心に脳の萎縮が見られる

脳の壊死が確認できる

 はっきりとした脳の萎縮はない

症状

・認知機能障害

順向性健忘

逆向性健忘

・物盗られ妄想

・徘徊

・まだら認知症

・手足の痺れ

・感情コントロールの困難

・認知機能障害

幻視、妄想

うつ状態

・パーキンソン

経過

記憶障害から始まり広範な障害へ徐々に進行する

原因となる疾患によって異なるが、比較的急に発症し、段階的に進行することが多い。

調子の良い時と悪い時を繰り返しながら進行する。急速に進行することもある。



 特に頻度の高いアルツハイマー型は補足を加えておく。

海馬の障害からはじまり、新しい情報が記憶できなくなる順向性健忘と、進行と共に大脳の萎縮が起こると、過去の障害が目立つようになる逆向性健忘がある。

 

アルツハイマーは、老化にともなう物忘れとは区別される。

例えば、物忘れの場合、食事したことは覚えているが、どこに行ったのかは思い出せない。(想起・検索の困難

 

一方で、アルツハイマーは食事に行ったこと自体を覚えてない。(記名・保持の困難

 

このように、出来事そのものを忘れてしまう場合は、アルツハイマーが疑われる。

 

認知症に似た症状を有する疾病

クロイツフェルト・ヤコブ病プリオン病)

感染症に分類される。

 

・アルコール認知症

コルサコフ症候群もここに分類される。

 

関連ブログ社会と人にかかわるヒントでは、人間関係、コミュニケーション、社交術のtipsを発信中。