フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

効果研究(psychotherapy outcome research)

 

f:id:fRoy:20180618224908j:plain

効果研究についてのまとめ記事です。

 

 

効果研究とは

効果研究とは、心理療法の効果を検討する研究の事をいう。具体的には、心理療法Xを受ける実験群と、心理療法Xを受けない統制群の2つの群を設定する。その上で、統制群より実験群の方が改善されていれば、心理療法Xの効果があったと言える。

 

故に、効果研究をする際に、実験群と統制群で分ける事の意義は、比較をして心理療法の効果を確かめる意義がある。

 

 

被験者間計画

上記の様に、実験群と統制群で異なるクライエントを割り当てる場合を、被験者間計画という。被験者間計画による効果研究の問題は、統制群にクライエントを割り当てる事の倫理的問題がある。具体的には、研究のために”心理療法を施さない”という選択を意図的に設定することが、非倫理的である。一方で、実験群に対しての倫理的問題としては、効果があるか否かを確定していない心理療法を施されることの非倫理性が挙げられる。

 

 

これらの問題を解決するために、待機統制群を設定する方法がある。待機統制群とは、一定期間後に心理療法を施す群の事で、実験群と待機統制群を比較する手法がある。

 

 

被験者内計画

 また、実験条件と統制条件を同一クライエントで行う計画を、被験者内計画という。これは、心理療法を受ける前の基準(ベースライン)を測定し、その後、心理療法Xを受ける期間(実験条件)と、心理療法Xを受けない期間(統制条件)を設け、変動を検討する手法。代表例には、実験条件と統制条件を反復的に実施して、変化を検討するABABデザインがある。

 

ただし、

この被験者内計画では、心理療法Xの効果に即効性がない場合、実験条件の時に改善が見られず、統制条件の時に改善されるといった事態が起こりうる。

 

 

関連ブログ、社会と人にかかわるヒントでは、人間関係、コミュニケーション、社交術のtipsを発信中。