フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーランス臨床心理士になるまでの軌跡

フリーの臨床心理士として活動するまでの記録をブログに残します。学習知識、考察、etc...

心理系の求人を探すための5つのツール

 

f:id:fRoy:20200205212721j:plain

心理系の求人

心理系の職業を志している者にとって、いかにその経験を積む場を探すかは死活問題ではないだろうか。

そういう僕も、半年に一回は職を探していた経緯から、今や心療内科・児童発達支援/放デイ・就労移行支援にて勤務しています。

ということで、今回のエントリーでは、僕が心理系の求人を見つけるために使用しているツールをここに残しておきたいと思う。

 

 

カウンセラージャパン

推しはこのサイト。

カウンセラージャパンだ。

このサイトの長所は、心理系の職種専門に絞っていることと、条件検索がしやすいことだ。

そして何より、未経験者でも心理系の求人にリーチしやすいことだろう。

とはいえ、時期によっても影響はあるので、こまめにチェックすることが大事かなと。

 

心理職求人情報館

続いては「心理職求人情報館」

こちらはTwitterから流れてくる情報配信ツール。

 

印象としては、公的機関が多い。

強みとしては、このエントリーで紹介する他の求人サイトでは見当たらない求人が多いため、補完の意味で活用するのが良いかもしれない。

逆に、弱みとしては、未経験でも働けそうな求人は少ないこと。

 

求人ボックス 

 続いて紹介したいのは求人ボックス

 このサイトの強みは、次に紹介するIndeedにはない求人が掲載されていること。

未経験者向けの求人もそこそこあるので、こちらも頻繁に目を通しておきたい。

弱みは、求人数が少ないことかな。

 

Indeed

 言わずもがな。超絶有名な求人検索サイト。

強みは求人数が多いところと、検索ワードを設定しておくと、メールで通知が受けられることでしょう。

例えば、「心理 東京 未経験」の様に設定しておくと、最新情報をメールで通知してくれるのは便利です。

弱みとしては、求人数が多いことでかもしれませんね。情報に目を通すに時間がかかります。

 

 コネ

最後はコネ。身も蓋もないですが。

こんな感じで経験積んでいくと、それに伴って繋がりが増えたりします。

そうすると、割とみんな仕事探しに困ってたりするもので、紹介してもらえたりします。

もちろん条件に合わないことも多々ありますけど。

なので、最初は特に拘らずに、色々仕事をしてみるってのが大事かなと思いますよね。

 

 

それと、ツイッターでは、臨床心理学関連の知識を図にしてまとめてるので、そちらもよろしければ活用してください。ではまた。

↓↓↓